ウーマン

キャバドレスもそろそろ秋物を取り入れてみませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加

体型カバーとメリット

女性

ロングドレスのポイントは揺れる裾と、長い裾によって作られる女性らしい上品な仕草です。しかも、下腹部から足をすっぽりと覆うので、コンプレックスや体形のカバーにも効果的なのです。足元や腹部をしっかり隠す分、上で肌を見せてバランスを取る必要があります。例えば、ホルターネックのロングドレスで背中や二の腕を見せるのも良いでしょう。デコルテや鎖骨を見せるのもオススメです。カバーしたいポイントからデザインを考えてみると良いでしょう。胸のデコルテや鎖骨に自信がないならホルターネック、背中ならVネックなどで鎖骨やデコルテを見せると良いでしょう。二の腕に自信がなければ、パフスリーブやマルケッサ、レース素材やシフォンで隠し、デコルテや胸元に視線誘導すると上手くカバーできます。上半身の露出を避けて腹部のライン隠しをするなら、スリットのロングドレスがオススメです。視線が顔や足に向かいますから、上手く活用して隠したい部分から目をそらさせましょう。人の視線は、細かい部分が多い時には隙間の多い部分を見ますので、見せたくない部分は覆って細かい装飾やデザインで隠し、見せたい部分をシンプルにしてみると良いでしょう。逆に全体をシンプルにしておけば、細かくした部分に目が行くので、シンプルで飾りの少ないドレスなら見せたい部分に細かい装飾や目を惹くものを置くと良いでしょう。ロングドレスはこのように、隠す部分と見せる部分で上手くバランスがとれるドレスなので、コンプレックスや体型カバーにオススメですよ。